新着記事はこちら

海外旅行で必ず行きたい穴場名所スーパーマーケット、その理由とは?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

海外旅行へ行くことになったら出発前にどこへ行こうか考えると思います。その際、ほとんどの方がこんな風に考えるのではないでしょうか?

ぱりとる

午前中はエッフェル塔に登って、レストランで食事して、ルーブル美術館でモナ・リザを見て~……

こんな風に、「ガイドブックに記載されている観光名所に訪問する」ことばかり考えてしまう方が多いと思います。

確かに観光名所へ行くことは大いに賛成ですし、私自身必ず行きます。

しかしながら上記のような日程だと、スーパーマーケットなどの現地の方々が利用する場所に訪問することができなくなってしまいます。

意外かもしれませんが、観光名所だけだと海外旅行の楽しみが減ってしまうんです。

なぜならスーパーマーケットに訪問することでガイドブックにはのっていないその国独特の文化を学ぶことができるから。

ではなぜスーパーマーケットに訪問することで独自の文化を学ぶことができるのかこの記事で解説していきます。

※1€=130円、1ドル=110円で計算

記事の目次(クリックでジャンプ)

日本との物価の違いを実感することができる

外国のスーパーマーケットに行くと日本でも販売されているものを多数見つけることができます。

外国と日本どちらでも販売されている商品の代表例はコーラハーゲンダッツプリングルズ、など。

ドイツのスーパーマーケットで見つけたプリングルズ

こちらはドイツで見つけたプリングルズ、2.59€。日本円で約336円。

日本のスーパーマーケットではもっと安価で購入できるので高いですね。

アメリカシアトルで販売されているハーゲンダッツ

こちらはアメリカシアトルで見つけた、ハーゲンダッツ1個の金額。サイズは14オンス(約396グラム)。

1個購入すると4.99ドル(約548円)ですが2個の場合7ドル(約770円)になります。

日本のコンビニでハーゲンダッツ(110ml)を購入すると318円ほどするので、いかにアメリカのハーゲンダッツが安いか感じらると思います。

なお、日本でハーゲンダッツを購入する場合は業務用サイズで購入するのがお得です。詳細は下記。


コンビニハーゲンダッツ
業務用ハーゲンダッツアメリカのハーゲンダッツ
1個購入する場合
アメリカのハーゲンダッツ
2個購入する場合
金額318円2390円 4.99ドル(約548円) 7ドル(約770円)
サイズ110ml2000ml14オンス (約396グラム) 28オンス (約792グラム)
1ml or 1グラム当たりの金額約2.89円1.195円約1.38円約0.97円
詳細を見る詳細を見る

※グラムは重さの単位、リットルは体積の単位。同一視して比較するのはおかしいですがそこはご容赦ください。

余計な解説が入ってしまいましたが次に行きます。

日本の商品の値段を知ることができる

日本の食品は世界中で販売されています。気になるのはその値段。日本よりも高いのか安いのか、見ていきましょう。

まずはアメリカ、マイアミのスーパーマーケットで見つけた「キリンビール」と「おーいお茶」。

マイアミで見つけたキリンビール

キリンビール2.99ドル(約329円)します。

アメリカのスーパーマーケットではお酒を購入する際、年齢確認をされます。

実際に私もお酒を購入したときに年齢確認をされています。その時にパスポートを持っていなかったため、お酒を購入することができませんでした。

マイアミで見つけた日本のお茶

続いてはおーいお茶。画像が見ずらいですが2.19ドル(240円)します。

日本のスーパーマーケットでは100円払えばおつりがくるイメージですが、アメリカで購入する場合は日本と比べて2~3倍の料金を払う必要があります。

ドイツで見つけたカップヌードル

こちらはドイツで見つけたカップヌードル。1.19€(約155円)です。

カップヌードルは日本よりも少し高いかな?くらいの金額ですね。

醤油

アメリカNYにあるスーパーマーケット、「Whole Foods」で見つけた醤油、3.99ドル(約439円)。

592mlでこの金額はそこまで高い印象はありません。

 

日本製と海外製の違いを感じることができる

どんな人でも意識せず「こういう商品はこういうもの」みたいな考えがあると思います。よく言えば「常識」、悪く言えば「偏見」。

例えば「ソーセージはパックに詰められて販売されている」といった考え方です。

果たしてその考え方はあっているのでしょうか?

ドイツのソーセージは瓶入り

ドイツで見つけたこちらのソーセージはなんと瓶に詰められて販売されていました。

日本で生活していて瓶詰めされたソーセージに出会うことはまずないと思います。

そのためいつからか「ソーセージ=パックに詰めて販売するものである」といった狭い価値観が出来上がってしまいがちです。

ドイツのミルクには中のフタがない

こちらの飲み物は購入してびっくりしました。

「青いフタを外したらもう1個フタがある」と日本人であれば誰もがそう考えると思いますが、ドイツ製のこの商品にはフタがありませんでした。

青いフタの下にはもう一つのフタがあるのは常識である! 間違いでしたね。

ドイツに関するトリビアを知りたい方はこちら

ドイツの紅茶は炭酸入り

こちらは紅茶に炭酸が入っているという何とも驚きの商品。

日本の友人に炭酸入りの紅茶をプレゼントしたらどんな顔をされるでしょうか?

怪訝な顔をされるのは間違いないでしょうが、その人にとって初めての体験を与えることができるでしょう。

ドイツで見つけた寿司

日本のメディアでは「海外で販売されているお寿司は魔改造されたへんてこなもの」と紹介されることが多い印象です。

ですが実際はそこまで違和感のあるお寿司ではありません。

何事もメディアや他人の言葉を信じるのではなく自分の目で確かめることが重要ですね。

海外の焼き鳥

お寿司やラーメンが世界中で人気があることは皆さんも知っていると思いますが、焼き鳥はどうでしょうか。

私は海外のスーパーマーケットに行くまでは焼き鳥が世界で愛されているとは思ってもいませんでした。

ゼリーのような食べ物

マイアミで見つけたこの商品、なんだかわかりますか?

読者さん

なんだろ?イチゴゼリーかな?

ぱりとる

残念!正解はこちら。

ストロベリーパフェ

真ん中に「PARFAIT」と書いてありますが、これを日本語に訳すと「パフェ」になります。

ん? パフェ??? どう見てもゼリーじゃん…

どうやら我々日本人とアメリカ人の想像するパフェにはかなり違いがあるようです。

カラフルなパフェ

ほかにもカラフルゼリー、じゃなくてカラフルなパフェもありました。

あんまりおいしくなさそう…

このように実際に海外のスーパーマーケットに行ってみると新しい発見がたくさんあります。

お名前.com

日本の店員さんの誠実さを実感できる

海外のスーパーマーケットの店員さんは基本的に無気力です。

具体的にはこんな感じ。

  1. 基本的に座って仕事をしている
  2. スマホを見ている
  3. 目の前にお客さんがいてもおしゃべりしている
  4. 商品の扱いが雑

日本人もこんな風に働いたらいいのになぁと思う反面、日本の店員さんはやっぱりすごいんだなと感心するシーンでもあります。

ただし、「日本人の誠実さ」についてはスーパーマーケット以外でも体感することができます。

読者さん

うーん。スーパーマーケットの魅力はわかったけど観光名所を捨ててまで行く必要あるかな?

ぱりとる

絶対に行くべきである、とは私も思っていません。しかしながら日程に余裕があるのであれば行って損はないです。

予定がぎちぎちに詰まっている方であれば話は変わりますが、そうでない方であればスーパーマーケットに行ってみることをオススメします。

それにスーパーマーケットはホテルや観光名所から歩いて行ける距離にあるのでそこまで時間が必要というわけではありません。

ガイドブックには決して載っていない、その国独自の文化を見つけることができるでしょう。

 

おまけ:スーパーマーケットのサイズ感

海外のスーパーマーケットはとても大きいです。

もちろん小さいサイズの場所もありますが基本的には大きいお店が多い印象でした。

言葉で表現するのは難しいのでどんなものかは下記の写真で確認してください。

イタリアのスーパーマーケット

これは2階から撮影したイタリアのスーパーマーケットのレジ写真です。

1階も2階もスーパーマーケット、この規模だとざっくり店内を見るだけでも1時間近くかかります。

フランスのスーパーマーケット内の野菜売り場

こちらはフランスのスーパーマーケット。

野菜がこれでもかと積まれていますね。

フランスのスーパーマーケット

店内の大きさ、天井の雰囲気にもびっくりしますが、注目すべきは飲み物を地べたに置くというワイルドさ。

日本人なら汚くてこんなことはできないですよね。

まとめ

みなさまいかがだったでしょうか。

今回は海外旅行でぜひ行ってもらいたいスーパーマーケットについて解説しました。

まとめるとこんな感じ。

  • 日本と海外の物価の違い
  • 海外で販売されている日本の商品の値段を知ることができる
  • 日本製と海外製の違い
  • 日本の店員さんの誠実さを実感できる

上記のことは実際に体験してみないとイマイチ実感がわかない部分だと思います。

それに海外で知り合った日本人の方々も「スーパーマーケットに行くのおもしろいよね!」とよく口にしています。

というわけで今日は海外旅行に行ったらスーパーマーケットに行くべき理由を私なりの視点でまとめてみました。

それでは!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


記事の目次(クリックでジャンプ)
閉じる