新着記事はこちら

「海外ってすごい!」今までの常識が覆った瞬間【画像あり21選】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事では海外旅行に行って今までの常識が覆った瞬間や出来事を紹介しています。

海外旅行といえばキラキラしたイメージ。しかしながら今回は悪いイメージのものもピックアップしています。

少し項目が多めですが画像を見れば一発で理解できる内容す。

それでは見ていきましょう!

記事の目次(クリックでジャンプ)

試合終了後の野球場はごみが放置されている(アメリカ ヤンキースタジアム)

こちらは試合終了後のヤンキースタジアムで撮影した写真。

ヤンキースタジアムのごみ

座席にはまだ中身の入っているペットボトルやハンバーガーが入っていたトレイが散乱しています。

日本では自分が出したごみは必ずごみ箱に捨てるように教育をされるのでびっくりしました。

知人に聞いたのですが、アメリカの人々は「俺が食べかすをごみ箱に持っていったらごみを清掃する人の仕事がなくなるだろ!」と考える人が多いそうです。

ヤンキースタジアムの記事はこちら。

100$札が本物か偽物か念入りにチェックする(アメリカ)

100$札

こちらもヤンキースタジアムでの出来事です。

ホテルで知り合った日本の友人が100$札を店員さんに渡しました。するとお札が本物か偽物かのチェックが行われました。

目視にておよそ20秒ほど。非常に長く感じられました。

日本では1万円札を出して何もチェックされないので、偽札の可能性があると思われたのはかなり驚きました。

100$札はお店によっては使用することを拒否されてしまう可能性もあるため20$札など金額の小さいお札を持っていきましょう!

海外旅行の費用について解説した記事はこちら。

人前でキスをすることに抵抗がない(アメリカ フィラデルフィア)

こちらはフィラデルフィアにあるMLB球場「シチズンズ・バンク・パーク」で撮影した写真。

シチズンズバンクパークでのキス

画面の右下に「KISS CAM」と書いてあり画面に映し出された2名はキスをするという企画です。

日本人であれば恥ずかしがって人前でキスをしないと思いますがアメリカ人は画面に映し出された瞬間、大はしゃぎでキスをしていました。

海外の方が人前でもキスをする、というのは皆さんもご存じかもしれませんがこういった企画があるのはびっくりしました。

日本の球場で同じ企画を開催したらどうなるでしょうか? ぜひ皆さんの考えを聞かせてください。

魚でキャッチボールをする(アメリカ シアトル)

パイク・プレイス・マーケットでは魚を使ってキャッチボールをしています。

パイクプレイスマーケット

このパフォーマンスはかなり有名で私が訪問したときはテレビのカメラマン来ていました。

若い男性2名が威勢のいい声を出して魚でキャッチボールをしている瞬間はまさに圧巻です。

画像だけではわかりずらいと思うので下記の動画をどうぞ。

ルーブル美術館のオーディオガイドは任天堂3DS(フランス パリ)

世界的に有名な観光施設に行くと、日本語や英語で施設内の説明をしてくれる機械「オーディオガイド」が用意されていることがあります。

例にもれずルーブル美術館にもオーディオガイドが用意されていました。

ルーブル美術館のオーディオガイド
ルーブル美術館で3DSを利用する人たち

驚いたのはオーディオガイドに利用されている機械。なんと任天堂のゲーム機である3DSが採用されていました。

日本にいるときは「3DS=ゲーム機」の認識でしたが、パリに来て3DSに対するイメージが変わった瞬間です。

ルーブル美術館はショッピングモール(フランス パリ)

ルーブル美術館に「モナリザ」が飾られていることは多くの方が知っていると思います。

では、館内にマクドナルドやアップルストアがあることを知っていましたか?

ルーブル美術館にあるアップルストア

私は美術館なので絵画しかないと思っていたため、カフェやアップルストアが目の前にあったときは「え?美術館の中になんでアップルストアあんだよ?」とびっくりしました。

こちらの動画もどうぞ。

売り物のケーキにハチがいる(フランス パリ)

ケーキ売り場にハチ

こちらはフランスのパリで撮影したケーキです。

これを見た瞬間思わず「うそでしょ!?」と叫んでしまいました。

しかし、パリの人々はそんなことを気にしている雰囲気はありません。

私も最初は驚きましたが「パリの人たちはおおらかなんだなぁ」と考えるようになりました。

飲食店にハトが来ても誰も嫌がらない(フランス パリ)

飲食店内に侵入するハト

こちらもフランスのパリで撮影した写真です。

椅子に座ってピザを食べていたところ、可愛らしいハトが侵入してきました。

周りの人たちはどういった反応を見せるのか観察していたところ、拒否反応を見せるわけではなく歓迎しているような雰囲気。

パリの人々は、細かいことを気にする日本人に比べて心が広いなぁと感じる瞬間でした。

ハトがまるっこくて可愛らしい(イタリア ヴェネツィア)

まるっこくてかわいいハト

イタリアで見つけたハトはとってもまるっこくて可愛らしかったです。

指でつんつんつついたらコロコロと転がっていきそうですね。

イタリア旅行の豆知識をまとめた記事はこちら。

スーパーマーケットがデカい

海外の大きなスーパーマーケット

この写真のみではイマイチ大きさが伝わらないかもしれませんが海外のスーパーマーケットはとにかく大きいです。

通路がとても広いので日本のように人が邪魔で身動きが取れないことがなく快適に買い物を楽しむことができます。

スーパーマーケットのお肉

また、スーパーマーケットの面積が大きければ取り扱っている商品も大きいです。

こちらはお肉の写真ですが日本ではなかなか見ることのできないサイズ感になっています。

みなさんも海外旅行に行ったときはぜひスーパーマーケットに行ってみてください。

いろんな発見があって面白いですよ。

スーパーマーケットに関する記事はこちら。

ビール一杯11$もする(アメリカ ニューヨーク)

シティフィールドのメニュー

この写真はニューヨーク・メッツの本拠地シティ・フィールドで撮影した写真です。

驚いたのはビールの価格。なんとビール一杯で11$(約1200円)もします。※写真右側の「DRAFT BEER」参照

シティ・フィールドに限った話ではありませんがMLB球場内の飲食物はかなり高めの金額で設定されています。

アメリカの人々にとってこの金額はどのように感じるのでしょうか?

日本人の私には高額すぎて手が出せる金額ではありません。

シティ・フィールドの記事はこちら。

野球場のご飯は高いわりに美味しくない(アメリカ ニューヨーク)

美味しそうなフライドポテト写真
実際はまずいフライドポテト

お店の写真にデカデカと表示されていた、ヤンキースのヘルメットに入っていたフライドポテト。

「チーズにフライドポテトなんて最高の組み合わせじゃないか!」そう思い購入してみたもののあまり美味しくなかったです。

フライドポテトは揚げてからかなり時間がたっているのか、しなしなになっていて口の中の水分を全部持って行きました。

またチーズはドロッドロの塊が乗っかっているだけで全然フライドポテトに絡みついてくれません。

もしも日本のコンビニでこの商品が販売されていたら悪い意味で話題になると思います。

MLBの球場については下記の記事で紹介しています。

街中にパンツ1枚でギターを持つ人がいる(アメリカ ニューヨーク)

ニューヨークの有名人といえばこの人、「ネイキッド・カウボーイ」さん。

ネイキッド・カウボーイさん

おそらくニューヨーク旅行に行った経験のある方であれば誰もが知っている存在だと思います。

会社の先輩も数年前にタイムズスクエアを訪問したときにこの方と写真を撮っていました。

パンツ一丁というふざけた格好をしていますが実はこの人、ニューヨークの市長選に出馬した経験があるんです。

話が変りますが、タイムズスクエアの前には彼以外に多くのパフォーマーがいます。彼らには基本的に近づかないほうが無難です。なぜなら写真撮影後高額なチップを要求されるからです。

私の友人はおっ〇い丸出し(ボディペイントをしているため近づかないと裸であることに気づきません)の女性と写真撮影をした後に30$取られたと話していました。

ベルリンの壁のインパクトがすごい(ドイツ ベルリン)

ベルリンの壁

学校で誰もが勉強するベルリンの壁。

国と国を分断する無機質な壁かと思いきやさまざまな方のアートを見ることができます。

嬉しいことに日本を題材にした作品も数多くありました。

ベルリンの壁の日本のアート

こちらの記事でもドイツに関するトリビアを紹介していますのでぜひみていってください。

ドイツのビールは1リットルサイズ!(ドイツ ミュンヘン)

ホフブロイハウスのお酒

ドイツと言えばビール、ビールといえばドイツ。

そんなイメージの国ドイツではなんと1ℓサイズのジョッキでビールを提供してくれるお店があります。

その名も「ホフブロイハウス」。

量が多いのはもちろんですが味もめちゃくちゃ美味しかったです。

ホフブロイハウスについては下記の記事で解説しています。

日本のカメラが販売されている(イタリア フィレンツェ)

日本のカメラメーカー

日本のカメラメーカーは世界でトップのシェア率を誇ります。

なんとキャノン、ソニー、ニコン、富士フィルム、パナソニックの5社だけでシェア率は93.7%です。

そんな日本のカメラメーカーですが実際に海外のお店で発売されているとうれしくなりますね。

このデータは下記の記事を参考にしました。

https://www.canonwatch.com/canon-is-still-the-alpha-dog-in-the-camera-industry-sony-and-nikon-follow-up/

街中はごみが散乱している(イタリア ヴェネツィア)

ヴェネツィアのごみ

こちらはイタリアのヴェネツィアで撮影した写真です。

見ての通りペットボトルなどのゴミが大量に散らばっています。

イタリアだけではないですが海外の街は日本に比べてゴミが多い印象です。

日本の街中では絶対に見られない光景なのでびっくりしました。

トイレに便座が設置されていない!(イタリア)

イタリアのトイレ便座なし

レストランに設置されている男女共用のお手洗いを借りたのですが入ってみてびっくり。なんと便座がないんです。

私の経験上、イタリアの駅やレストランのお手洗いには便座がついてないことが多々ありました。

男性の場合う〇こをしなければ特に問題はないですが、女性の方は注意が必要です。

イタリア旅行に行く方は便座がない状態でもう〇こができるよう事前に練習しておきましょう!

「う〇この話なんて汚いなぁ…」と思われる方もいらっしゃると思いますが、海外旅行に行く前に訪問する国のお手洗いについて検索するのは重要なことです。

なおドイツのトイレは回転します。詳細は下記の動画にて。

トイレは基本有料(ドイツ)

ドイツのトイレの料金機

日本の場合、ほとんどの場所でお手洗いを無料で利用することができます。

しかしながらドイツやフランスへ旅行に行ったとき、レストランや駅のお手洗いを借りた時は有料の場合がほとんどでした。

上の写真はドイツで撮影したもので1€支払わないとトイレ内へ入場することができません。

無料でお手洗いを提供してくれる日本の施設は改めてすごいと感じる瞬間でした。

イタリア人の数字の書き方が独特(イタリア ヴェネツィア)

ヴェネツィアのレストランでWi-Fiのパスワードを教えてもらった時のエピソードです。

アラビア数字(1,2,3のこと)が世界の共通語であるということは誰もが知っていると思います。

そのため世界中の人々が同じように数字を書くものと思いきやイタリアの人たちは少し違いました。

「2117」を写真のように特徴的に書きます。

イタリア人の数字の書き方

初めて見た時はこの数字が何なのかわからずWi-Fiを接続するのに苦労しました。

電車で寝てる人がいても注意しない!(ドイツ)

電車内で寝ている人

ドイツの電車内での出来事です。

電車に乗車してすぐにとんでもない光景が目の前にありました。

なんと若い男性が座席で気持ち良さそうに眠っているのです。

周りの人たちは特に注意をしたりせず、おしゃべりに夢中になっていました。

ドイツの方々は心が広いのか、はたまた日本人の心が狭いのか考えさせられる瞬間でした。

おまけ

この記事を読んで海外旅行について興味がわいてきた方は下記の記事を読んでいただければなと思います。

その他海外についてまとめた記事はこちら。

まとめ

いかがだったでしょうか?

「うーんなんか微妙」というものもあれば「へぇーなにこれ面白い!」とびっくりしたものもあったと思います。

海外旅行へ行くと「なんじゃこりゃ!すっげえわ!」と今までの常識が覆させられることが何度もあります。

海外旅行へ行けば新たな発見がたくさんあるので皆さんも行ってみてください。

それでは!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


記事の目次(クリックでジャンプ)
閉じる