新着記事はこちら

イタリアってどんな国?ガイドブックに載らない豆知識を写真付きで紹介!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

みなさんはイタリアについてどんなイメージを持っていますか?きっとほとんどの方はこんなイメージを持っていると思います。

・有名な観光名所はコロッセオとかピサの斜塔
・美味しい料理(パスタとピザ)がたくさん
・女性が大好き
・コロナ関連のニュースが多い  …などなど

私もイタリア旅行に行く前はこんなイメージでした。でも実際に旅行へ行くとガイドブックには載っていなかった新しい発見や「うそでしょ!?」と驚いたことなどたくさんありました。

この記事ではそんな私の体験を紹介しています。それでは見ていきましょう。

記事の目次(クリックでジャンプ)

男女共用のお手洗いに便座がない

イタリアで一番驚いた出来事がこれ。なんとトイレの便座がないんです。

トイレに便座がない

見た瞬間こう思いました。「便座がないなんて信じられない、重要なことなんだからガイドブックにデカデカと書いてくれよ!」と。

余談ですがドイツのトイレは便座が回転します。詳細は下記の動画にて。

ドイツの面白い出来事をまとめた記事はこちら。

コロッセオはキススポット

古代ローマの闘技場と言えば世界遺産に登録されている「コロッセオ」。

そんなコロッセオ付近の道に書いてあった文字は「This is A Good Kiss Spot.」。

コロッセオを背景にキスをしているカップルがたくさんいました。

コロッセオのキススポット

Kiss Spotからの風景はこんな感じ。

キススポットからのコロッセオ

確かにここでキスをした写真を撮ればいい思い出になりそうですね。

 

話を変えますが、私はコロッセオで年越しを体験しています。その時の動画はこちら。

コロッセオの絵を描く職人が「複数人」いる

ローマの街中をうろついていると必ず見かけるのがコロッセオの絵を描いている職人さん。

初めて見たときは「なんてすごい技術なんだ!」とびっくりしていましたが、どうやら職人さんは1人ではなく複数人いる模様。

コロッセオの絵を描く職人1
コロッセオの絵を描く職人2

複数人いることを知ってしまうと「練習さえすれば誰でもできることなんだろうなぁ」と一気に白けてしまいました。

しかしながら職人さんの技術がすごいのは事実。実際に私が撮影した動画はこちら。

モナ・リザの絵が決めポーズを決めている

イタリアの美術家「レオナルド・ダ・ヴィンチ」が書いたことで有名な「モナ・リザ」。

お土産屋さんで見つけたバックに書いてあるモナ・リザは画像のとおり決めポーズをしていました。

モナ・リザ

サングラスをかけた…?

多くは語りません。

何にサングラスがついているのか自分自身の心に聞いてください。

サングラスをかけたなにか

交通マークが自由すぎる

フィレンツェで見つけた交通マーク。

誰かのいたずらでギターを演奏しているような標識に変更されていますね。

フィレンツェの交通マーク

日本ではすぐに修正されてしまいそうですがイタリアではこのまま放置しているのでしょうか?

エプロンがセクシーすぎる

露店で見つけたエプロンには、水着を着た女性とほぼ裸の女性2種類のデザインがありました。

水着を着たほうはまだ健全な感じがしますが、トマトと葉っぱで隠しているエプロンはちょっと攻めすぎなデザインのように感じます。

セクシーなエプロン

女性ばかりと思いきやムッキムキの男性バージョンもありました。

筋骨隆々の男性が描かれたエプロン
※画像の一部に不適切なものが写っているためモザイク処理をしています

女性の場合、大事な部分が隠れていましたが男性の場合は全裸

イタリア人がこれを着て料理をしていると思うとびっくりしますね。

無印良品があった

ミラノで見つけた無印良品。日本でもおなじみのお店ですね。

無印良品

ローマに三越がある

ローマに三越がありました。どうやらヨーロッパで唯一の店舗だったとのことです。

店舗内の写真は撮っていませんが日本の商品がたくさん販売されていました。

三越

悲しいことに2021年7/11日(日本時間)に閉店してしまったようです。

詳細は下記のヤフーニュースをどうぞ。

ピザの形は長方形

ビザの形と言ったら? そう聞かれたらほとんどの方が「円形か三角形である」、と答えると思います。

しかしながらイタリアのピザは長方形でした。

長方形の形をしたピザ1
長方形の形をしたピザ2

どうしてピザが長方形なのかは販売されている場所を見てみると理由がわかると思います。

ピザの販売風景

長方形で販売するとスペースに無駄がないですね。

街中の広告は日本企業ではなく中国企業Huawei

ローマの街中にデカデカと設置されていた広告はHuaweiのスマホ。

日本企業ではなく中国企業というのが何ともさみしいですね。

Huaweiの広告

はとぽっぽのエサは6€のパスタ

ローマで見つけたパスタ屋さん。

レストランで注文すると20€前後しますが、こちらのお店は6€とかなりお手軽です。

6€のパスタ

実際に購入して食べてみましたが量が多くとても美味しかったです。

皿は紙製、フォークはプラスチック製のため店内で食べる必要はありません。

注文したパスタ

パスタを食べ終わって外に出てみると、先ほど私が食べていたパスタをおいしそうに貪っているはとぽっぽたちがいました。

パスタを貪るはとぽっぽ

ぱとほっぱがデカい

パスタを食べたはとぽっぽ、かどうかは分かりませんがヴェネツィアで見つけたこちらのはとぽっぽはとても体が大きかったです。

デカいはとぽっぽ
デカいはとぽっぽ4羽集結

観光客向けのお店はめちゃくちゃまずい

お店の前にメニューがあり見てみると日本語のメニューが書かれていたのですぐに入店しました。

入店してみると周りの人は私と同じで観光客がほとんど。ただおしゃべりに夢中になっているのかその人たちは全然料理を食べていなかったんです。どうしてだろう…?

日本語で書かれたメニュー

周囲の観光客が料理を食べていなかった理由はパスタを一口食べてすぐにわかりました。

だって不味いんだもん。これ。

ガチで不味いパスタ
スパゲッティ ニンニクオイル&トウガラシ

パスタの芯は残ったまま、なおかつ味はしない。

お店に入って「コンビニのパスタのほうがうまいじゃん」と感じたのは生れてはじめてだったかもしれません。

悪い意味で思い出のお店です。

街中はごみが散乱している

こちらはヴェネツィアの隣駅「Venice Mestre駅」付近で撮影した写真。

ごみであふれるイタリアの街並み

見てのとおりごみが散乱していますね。

特にこの場所があれていたので写真を紹介しましたが、イタリアの街中は全体的にごみが多い印象でした。

スリに注意!のお知らせがある

イタリア旅行についてインターネットで検索すると必ず出てくるのが「スリに気を付けて!」という文言。どうやらイタリア人もスリが多いことを自覚しているらしく、観光客に対してスリが多いことをアピールしていました。

スリに注意の看板

数字の書き方が独特

ヴェネツィアのレストランでWi-Fiパスワードを聞いた時にもらったメモがこちら。

Wi-Fiパスワードのメモ

アラビア数字で「2117」と書かれていますが写真のとおりかなり独特ですね。

 

おまけ

今回はイタリアに関する雑学をまとめましたが他の国について知りたい方はこちら。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はイタリアについてまとめてみました。

ピザが長方形だったりトイレに便座がなかったりとガイドブックにはない新しい発見があったと思います。

このように海外旅行に行くことで今までの常識が180°覆ることがたくさんあります。

今はコロナの時期なので気軽に海外に行くことは難しいですがコロナが明けたら皆さんもぜひ海外旅行に行きましょう。

それでは!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


記事の目次(クリックでジャンプ)
閉じる